明るい未来を過ごす為に、沢山の方のサポートを受けよう

手でハート

休息の必要性

薬による治療とその副作用とは

年齢、性別に関係なく、誰でもかかりうる病として現在多くの人が苦しんでいるうつ病。その治療方法も様々です。 一般的には投薬療法と十分な休息が大きな治療方法と言われています。 抗うつ薬の治療を受ける場合、医師が患者さんの体調、病状に合わせて処方した薬を医師が必要ないと判断するまで飲み続けることになります。 これは原則として1種類の薬が用いられますが、不眠の症状を訴える場合は睡眠薬なども合わせて処方されます。 抗うつ薬の特徴として、効果が実際に感じられるまで2〜3週間かかると言われており、実際に効果を感じるより前に副作用を感じる場合もあります。 このため体に合わないと勝手に薬を飲むのをやめてしまうと、効果は得られません。副作用が出た場合も必ず医師に相談のうえ、投薬治療を続けるようにしましょう。

十分な休息とはどの程度の休息が必要か

次に十分な休息ですが、どの程度の休息が必要でしょうか。 一般的にうつ病にかかると正常な判断力がなくなり、悲観的な思考に傾きがちです。 このような状態で仕事を続けられない、家庭を維持できないと失職したり、離婚を考えたりするのは非常に危険です。まずは休職を考えましょう。家庭では周囲の理解が必要になります。うつ病は適切な治療により治る病気であり、予後は普段通りの生活に戻れる可能性のほうが多いです。 休職中も何もせずにベッドにずっと横になるというのではなく、まずは服を着替えてみる。朝は7時に起きるようにするなど、生活リズムを整え、少しずつ出来ることを増やすことが大切です。 うつ病は精神的なものではなく、一時的な脳の機能低下と考え、脳の機能を回復させることに努めましょう。 休職が難しい場合は、勤務しながら短期間で効果の出る磁気治療も人気です。