明るい未来を過ごす為に、沢山の方のサポートを受けよう

手でハート

カウンセリングから

うつ病ではないかと感じたら

やる気が起こらない、出掛けるのがおっくうだ、人と話したくない、といった鬱屈とした症状を抱える人は現代では少なくありません。季節やいろんなタイミングによって、このくらいの落ち込みは誰でも抱えうるものです。ただ、このような症状が長期間つづくようであれば、要注意です。いつまでたっても元の元気を取り戻さず、会社や学校にも出てこない、家事も滞りがち、会話を試みても生返事で普通ではないように感じる、といった場合には、うつ病であることを疑ってみた方がよいかもしれません。 ただの気分の落ち込みと、病気を抱えていることの見極めは素人には判断つきかねるものです。病気でもないかもしれないのに病院やカウンセラーを頼るのも、と二の足を踏む場合も少なくないでしょう。けれどもうつ病は症状が重くなると治療に長い時間を必要とするデリケートな病気です。また、専門家による治療が必要である病気でもあります。そのため、気軽にとはいいませんが、症状が疑われたら、念のためにという気持ちででも病院やカウンセラーを訊ねてみることをおすすめします。

治療していく流れについて

うつ病と診断されたら、個々の症状にあわせた治療が開始されます。自己や他人を傷つける心配がある場合や、過度な妄想癖・暴力性が感じられるなどの重い症状の場合には入院措置となりますが、そうでなければ通院治療でカウンセリングと投薬を行いながらの治療が行われます。 治療においては複数の薬剤を組み合わせての投薬と、うつ病を発症するに至った原因を取り除いていくためのカウンセリングを中心に長期的に行われます。治療にあたって大事なことは、原因をしっかりと把握することです。心を病むきっかけがなにかを自己や親しい人たちで追求し、そしてそれを取り除いていく姿勢が大切です。まずは心にはまった重い枷を外してやり、思い悩むことはないことを理解させて、そしてやがて社会復帰へと導いていくというのが治療のプロセスになります。 場合によっては年単位かかることもありますが、あきらめずに根気よく患者と寄り添って治していく姿勢がもっとも大切なことです。