明るい未来を過ごす為に、沢山の方のサポートを受けよう

手でハート

医師との相性

うつ病の治療を快適に受けるためには

うつ病の治療を受けるにあたって、快適な状態で続けていくには、自分との相性がいい医者を選ぶということです。自分の話をしっかり聞いてくれて、かつ話しやすいと感じる医者がいいです。医者の中には、教科書の中の知識を押し付けてくるだけの医者も存在しますので、注意が必要です。そして、単純に自分の好き嫌いで決めることがいいこともあります。医者が社会適合を考えてくれたり、医者に通いだして状態が良くなっているかも、判断するにはいい基準です。そして、薬の出し方に対して、いつまでどういう使い方をするのかということを、きちんと説明してくれるということも大切になってきます。どういう効果があって、どういう副作用があるのかを、聞かせてくれることが必要です。

かかってくる費用はどれぐらいか

うつ病のための治療に必要な費用は、治療期間によって変わってくるのです。なぜなら、うつ病の治療は、治療を始めた時点で治療がどれぐらい続くのかが分からないからです。2、3か月で終わることもあれば、何年も続くこともあるのです。ただうつ病は、健康保険の対象となる病気なので、窓口では三割負担ですむのです。そして、さらに負担を減らすために、自立支援医療費制度があります。障害がある人が必要な医療を確保して、治療を受けることを続けることができることを支援することを目的としています。市町村の窓口で負担すれば、自己負担額が一割に減額され、そして、所得に応じて一か月あたりに支払う金額に上限が設けられるのです。治療環境を整えることができます。