明るい未来を過ごす為に、沢山の方のサポートを受けよう

抱え込まずに相談して

CONTENTS

診断を受けたら

うつ病と感じた時にはまずは周囲の人に相談することから初め、その後病院治療を始めると良いでしょう。病院で行われるうつ病の診断は、まずカウンセリングからスタートしますが、その時は正直に話すことが肝心です。

詳細を確認する

カウンセリングから

うつ病は、まず病院でカウンセリングをすることから治療がスタートします。治療していく時にはその人にあわせた方法で治療を進めていきますが、基本的に長期間で治療は行われます。

詳細を確認する

医師との相性

うつ病の治療をする時には医師との相性も非常に大切で、何か異変を感じた時にも直ぐに相談できるような医師を探すことが大切です。うつ病の治療費などは、その治療期間によって大きく変わります。

詳細を確認する

家族がうつになったら

家族がうつ病になってしまった時は

 うつ病は、現代に多い心の病気ということは誰もが知っていることでしょう。しかし、身近な人がもしうつ病になってしまったら、どのように関わったらいいのか分かりますか。多くの人は戸惑ってしまうかもしれません。では、もし自分の一番身近な家族がうつ病になってしまったら、どのように治療をサポートすればいいのか詳しく見ていきましょう。まず、知っていてほしいのは治療の基本は、十分な休養と睡眠、薬による治療です。うつ病になってしまう人は真面目で頑張り屋な人が多く、家事や仕事を休むことは悪いことだと感じてしまう人が多いといいます。一番身近にいる家族は、本人に休むことを促し「休んでほしい」ということを伝えていくようにしましょう。信頼できる家族に言われれば、本人も安心して休むことが出来るでしょう。

治療のサポートをしていくには

 うつ病の治療には、ある程度の時間を要します。薬を飲んだからといってすぐに良くなるわけではないので、家族はその事を理解し、じっくりとサポートしていくという姿勢を持つことが大切です。また、一人で心療内科に行くことに抵抗がある人もいるので、必要に応じて付き添って行くのも良いでしょう。医師の問診では本人が答えるのが基本ですが、患者が子どもや未成年の場合、親が最近の様子や今の環境について話した方が、スムーズにいく場合もあります。本人の意思を尊重しながら治療がうまく進んでいくように関わっていきましょう。また、一番身近な存在として、どうしても励ましの言葉をかけたくなるものですが、「頑張って」という言葉は、あまりかけない方がいいでしょう。なぜなら、本人は今まで十分頑張ってきた訳ですし、その言葉を聞くことによって「頑張っても駄目な自分」を感じてしまう可能性があるからです。「あなたの存在が大切」ということを伝えながら、気持ちにゆとりを持って治療をサポートしていくことが、確実な回復へと繋がるのです。

治療をすすめるために、必要な制度

うつ病の人は治療をしながら会社へ勤務することもありますよね。昔は、会社に自分がうつ病であることを言うのすらためらい、治療がなかなかうまく進まないこともありました。しかし、現代では、うつ病の人への対応を整える会社も増えてきました。 ・休職制度 うつ病になった場合、辞職をすることが頭に浮かぶと思います。しかし、休職を選択できる制度です。うつ病が治った後、無職になってしまうと思うと不安で治療にも悪影響です。そのため、こういった制度を利用して、治癒後、復職できるようにし、不安を減らします。 ・勤務時間短縮制度  受診した結果、休職させるほど症状が悪くない場合、業務時間を短縮することもできます。仕事をしながらでも、治療を進めることができます。

うつ病の社員を追い詰めないようにしましょう

 今後、うつ病が「甘え」といわれるような、あいまいな認識ではなく、きちんと「病気」ということが、広まっていくでしょう。そういった認識が増えることで、会社も上記のような制度を整えやすくなります。また、会社が、うつ病の社員への制度を整えることで、安心する社員も多いのではないでしょうか。病気になっても、会社に制度がないことで病気であることを言えないから、治療を進めることができません。そのため、追いつめられてしまって、最悪の事態を招いてしまうことも、あり得るのです。もちろん、「甘え」のような状態の人もいるかもしれません。ですが、全員がそうとは思わずに、うつ病の人の些細なSOSを逃さないでください。周りが変わることで、一人でも多くの治療が進む、そんな会社にするべきでしょう。

PICKUP

心と身体を治療

うつ病の治療を進めるにあたって、より早い段階で改善をする為にも投薬とメンタルケアが大切になります。治療する中で、薬の副作用が発生して辛いという時には一度医師に相談してみると良いでしょう。

詳細を確認する

休息の必要性

うつ病にかかってしまうと治療が必要ですが、治療には十分な休息が大切です。うつ病の治療方法も今では数多く誕生していますが、自分のライフスタイルに合わせた治療を選ぶのも負担をかけない1つの方法です。

詳細を確認する